MVNOに変えて1ヶ月。仕事に使用してても全く不自由しなかった。

モバイル/20 May 2015

スマホを 4 月にソフトバンクから念願の MVNO に変更。どこの MVNO 業者にしようか、かなり検討して結局IIjmioに落ち着きました。

スマホ代、半数以上が毎月 7,000 円以上の支払い 子どもを持つ家庭でも相当の負担に 以下引用です。

「支払っている」と回答した親に、1 カ月あたりいくら支払っているか具体的に聞いたところ、その平均額は 1 人当たり月額 7,558 円だった。同時に調査した、学校以外の教育費への平均支出額は、1 人当たり月額で 9,757 円。子どもの携帯・スマホ代が、親にとって相当の負担になっている様子が分かる。

自分はソフトバンク時代は月々 7,500 円程度支払っていて、少し古いですが 2 ヶ月前の BLOGOS 記事に掲載された平均額とほぼ一緒で、年間だと 90,000 円以上も払っていたことになります。

通話が少ないのなら MVNO を検討した方が良い

MVNO には通話し放題がないので、キャリアに比べて通話代が高くなります。自分が今回契約した IIJmio だと 30 秒 20 円です。 ですが、4/1 からみおふぉんダイアルがスタートして、これを利用すると 30 秒 10 円になります。一気に半額です。

みおふぉんダイアル

自分は google ハングアウトかスカイプ、Facetime といった無料アプリでの通話を徹底していて、この 1 年ほど大して通話代が発生していません。そのため、1 ヶ月経った今もまだ、みおふぉんダイアルを使っておらず、電話かける一歩手前で踏みとどまっていますが、アプリ自体はインストールしているので、いつ電話する機会が来ても安心です。

ちょっと話が逸れましたが、MVNO の最大の懸念は通話代だったので、通話を極力しない人なら変更するとお得になっていましたが、みおふぉんのような通話代を抑えるサービスが出てきているので、これらを調べながら検討するのが良いと思います。

MVNO はキャリアの回線を使用したサービス

nexus6のキャプチャ

Nexus6 に IIjmio の sim を入れると、NTT DOCOMO の表示がでます。これは、IIJ がドコモの回線を使っているからです。MVNO は独自で回線を持っておらず、キャリアの回線を利用してサービスを展開しています。

キャリアと比べてどうか

JPhone > Vodafone > ソフトバンクと使い続け初めての転出なので、比較対象が無いに等しいですが、

速度も感度も問題なし、むしろ前よりも快適

想像以上に違和感がありません。外出時はテザリングして PC からネット接続もします。

格安スマホの通信速度が低下する時間帯とは? MMD研究所が調査 格安スマホ、お昼時間帯で通信速度が低下―通信キャリアとダウンロードスピードに差

上の記事では、アクセス量の多い午後の時間帯の速度が遅いという調査結果が出ていますが、田舎暮らしの自分は速度が遅いと感じたことはないです。 むしろ、都心部や大都市圏ではないので、ちゃんとつながるのか不安でしたが快適に使用できています。

今のデータ通信量はどれくらいか

キャリアの場合はパケ放題なので、通信量などを気にすることがないと思います。MVNO は月間のデータ通信量の多さでプランが分かれているので、自分にあったプランを選ぶことになります。

3GB でも十分だった

自分は IIJ のミニマムプランで月のデータ使用量は 3GB です。ソフトバンク時の使用量が 2GB 前後だったので迷わず 3GB を選びました。 自宅も仕事場も Wi-Fi なのでデータ通信が必要なのは外出時のみです。その時もゲームとか動画はほぼ見ず、スマホで読書しているかチャットとかメールなどの業務連絡が主です。 テザリングもすることはしますが、そこまで回数も接続時間も多くありません。その結果 1 ヶ月で使用限度の半分も使用していないことが判明しました。(少なっ!!)

どの程度安くなったのか

最後に 1 ヶ月経ってどれくらい安くなったのかというと、今回の請求は 4/20 から 4/30 日までの 10 日だけなのですが、初期費用 3000 円を含めて 3,800 円となりました。なので、単純計算して月額にすると来月以降は 2,400 円前後で収まることになり、なんと 3 分の 1 の安さに!!

5 月 29 日以降に購入の端末は 180 日で SIM ロックを解除できるので、その際は MVNO を使ってみても良いかもしれませんね。